2010年12月28日

居宅ネット研修を開催します(1/15)

事例に学ぶ!重度知的障がい者の地域での暮らしを支えるそのシクミ!

住み続けた町で、望む暮らしをしたい!
そんな願いのお手伝いをするのが、ヘルパーなどの福祉従業者です。しかし、この願いを実現するために多くの困難があることも事実です。「どんな支えがあれば」「どんな取り組みがあれば」・・・など、悩みは尽きません。
でも、悩んでいたって始まらない!実際に重度の障がいがありながら元気に地域で生活されている人に学びましょう。
今回は、事例から地域で暮らすヒントを学びます。

●時間:午前9時30分〜12時(受付9:15〜)

●会場:国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟409室

東京都渋谷区代々木神園町3-1

●講師:中野 敏子氏(明治学院大学教授)

●対象者:居宅サービスの従業者・ヘルパーさん・知的障害関係施設職員 など

●参加費:500円 (居宅ネットの会員は無料)

●定員:先着順【限定】50名

●申 込:居宅ネット事務局まで

●主 催:居宅サービス事業者ネットワーク
東京都国立市谷保6312 滝乃川学園内
FAX (042)574−8802
posted by kyotaku_net at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・研修情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42547059

この記事へのトラックバック