2012年11月12日

12/12 障害者虐待防止法研修 開催のごあんない

障害者虐待防止法が大切にしたいコト〜気付き合えるチーム作りをめざして〜


研修のごあんない

「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(いわゆる障害者虐待防止法)」が平成24年10月1日に施行され、障害者虐待・権利侵害の未然防止、早期発見、迅速・適切な対応が求められています。
障がいのある方の支援者やご家族は、彼らの権利を守る一番の理解者であると同時に、権利侵害を犯してしまう一番近くにいる存在でもあります。
この機会に私たちの日常の支援を見直し、障がいのある方の権利を守るためにどうすべきかを一緒に考えていきましょう!!
今回の講座では、障害者虐待防止法の内容を知っていただき、障がいのある人が虐待されない社会づくりについて考えます。

日時:2012年12月12日(水)19:00〜21:00(18:30受付開始)

●場所:飯田橋セントラルプラザ 12階 C・D会議室

●講師:曽根 直樹 氏(厚生労働省 虐待防止専門官/障害福祉専門官)

●参加費:500円(居宅ネット会員)・1,000円(一般)

●定員:申込先着80人

●主催:居宅サービス事業者ネットワーク

●問合せ・申込先: 居宅サービス事業者ネットワーク
〒186-0011 東京都国立市谷保6312滝乃川学園内 居宅ネット「虐待防止法研修」係
TEL:042(574)8802 FAX:042(574)8802
E-Mail:kyotaku_net@yahoo.co.jp
主催:居宅サービス事業者ネットワーク


チラシ→kensyu2012-12-12.pdf


メールフォーム


posted by kyotaku_net at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・研修情報

知っていますか? 「ヘルプカード」

東京都からの情報をお知らせいたします。


知っていますか? 「ヘルプカード」

 緊急連絡先や必要な支援内容などが記載された「ヘルプカード」は、障害のある方などが災害時や日常生活の中で困ったときに、周囲に自己の障害への理解や支援を求めるためのものです。
 現在、区市町村において、ヘルプカードの他、SOSカードや防災手帳など、地域の実情に応じたさまざまなカードや手帳などが作成されています。
 都では、障害のある方が「ヘルプカード」を所持し、都内で統一的に活用できるよう、標準様式を策定しました。
 また、ヘルプカードの取組をさらに多くの区市町村に広げていくため、作成ポイントや支援者に必要な配慮をまとめた区市町村向けガイドラインを作成しました。
 
 ヘルプカードは、特に、聴覚障害者や内部障害者、知的障害者など、一見、障害者とはわからない方が周囲に支援を求める際に有効です。実際、役に立った事例が報告されています。
 皆様も、地域でこれらのカードや手帳などを提示されたら、その記載内容に沿って支援をお願いします。
 ヘルプカード作成のためのガイドライン(区市町村向け)は以下のとおりです。

以下のリンクからPDFファイルをご覧ください。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/card.html
posted by kyotaku_net at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務連絡

2012年11月07日

応急処置研修が開催されました

ヘルパーのための 自分でできる 応急処置研修が開催されました。

50名くらいの方にご参加いただき、発作時の対応では、けいれんを伴う場合と伴わない場合、それぞれの対応方法や、クスリと食べ物の組み合わせのお話しなど、ためになるお話しが盛りだくさん!

2時間という短い時間でしたので、「もっと聞きたかった」というご意見も。

また、「わかりやすかった」「これからの活動に活かしたい」というアンケートでのご意見もありました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

579226_277026089084430_1311897200_n.jpg
posted by kyotaku_net at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・研修情報